お小遣い稼ぎコラム

貯金のために節約したい、見直すべきお金の使い方9項目。

アイコ
アイコ
こんにちは。お買い物と節約大好き、スボラ主婦のアイコです。

「貯金したい!」と思っても、毎月ギリギリで貯金にまわす余裕なんてない…。

私も昔はそう思って諦めていましたが、試行錯誤して今では貯金できるようになりました。

収入が多くなくても、やろうと思えば貯金はできます。

貯金ができない人は、貯金にまわすお金を作るのが下手なだけなんです。

貯金したいなら、まず貯金にまわすお金を作り出しましょう。

という訳で今回は、貯金するお金を作るためにまずチェックしたい、9項目のお金の使い方と節約法について解説していきます。

ここで挙げている項目でお金の使い方を改善できればかなりの節約になり、貯金もできるようになるはず。

まずは1つだけでもいいので試してみてくださいね(^^)

ここを節約すれば貯金できる!お金の使い方を見直そう。

では早速、見直すべきお金の使い方、9項目をご紹介していきます!

節約ポイント①:スマホの通信料


まず見直したいのが、スマホの通信料。

ドコ〇、a〇、ソフトバン〇の大手3キャリアでスマホを契約している方は、格安スマホや格安SIMにすぐに変えることをおすすめします。

私と夫はiPhoneユーザーですが、夫婦そろって格安SIM。

私のスマホ通信料は毎月1500円程度でおさまっています(^^)

夫なんて以前はドコ〇で毎月8000円ぐらいかかっていましたが、今では月1800円程度。

6000円以上も節約できました♪

 

格安SIMに変えることをすすめると、

  • 通信速度が遅くて不便そう
  • 変更手続きがめんどくさそう
  • 解約手数料が高くなる

という理由で嫌がる人もいますが、普通に使っていれば通信速度が遅いと感じることはないし、変更手続きも全然難しくありません!

私が最初に夫に格安SIMをすすめた時夫は面倒くさがっていましたが、手続きはあっけなく済むし通信速度も問題なく使えるので、今では格安SIMをまわりにすすめているほどです(笑)。

解約手数料に関しても、すぐ格安SIMにのりかえた方がトータルの通信料金が安くなるケースがほとんど。

なので格安SIMにしない理由がないんですよ!

大手3キャリアから格安SIMにするだけで毎月数千円節約できることもありますから、これはかなりの節約ですよね!

大手を利用する特別な理由がないなら、今すぐ!格安SIMに変更しましょう(`・ω・´)

節約ポイント②:電気代


続いて見直しておきたいのが電気料金。

電力自由化のおかげで利用する電力会社やプランを自分で選べるようになりましたから、節約のために積極的に見直しておきたいところ。

「電力会社を変えるのって面倒くさそう…」と思われるかもしれませんが、サポートしてくれるサイトがあり、それがめちゃくちゃわかりやすい!

理解力が小学生並みの私でも「こうすればいいのか!」とすぐにわかった位ですから。

しかも、工事も解約手続きも不要なので、意外と簡単に切り替えることができちゃうんです(^^)

 

選べる電力会社は地域によって異なりますが、どの地域でも複数の電力会社から料金プランを選ぶことができるので、それぞれのご家庭に合わせた節約できるプランを見つけられるはず。

ご家庭によっては電気代の見直しをするだけで年間2万円以上も節約できますから、まずは試算だけでもしてみましょう(^^)

節約ポイント③:保険料


多くの主婦が、「なんとなく良さそう」だから、「なんとなく入って」いて、「なんとなく払っている」のが保険料。

保険に入ると入っただけで安心してしまいがちですが、時間がたつと家庭や生活環境も変化していきますから、その時々で無駄なくぴったりな保険も変わってきます。

保険もどんどん新しい商品が出てきていますから、入ってからある程度年月がたったら保険の見直しをすべき。

特に状況が変化しやすい

  • 自動車保険
  • 生命保険
  • 医療保険

あたりはほったらかしにせず、定期的に見直しをしましょう。

保険相談は複数の窓口で

自分で何冊か本などを読んで勉強して、必要な保険を見なおせればベスト。

ですが忙しくて勉強する時間がない人や、お金の話が苦手だという人もいるでしょう。

そういう場合は無料で利用できる保険相談窓口を頼るのもアリです。

ただし、窓口によっては自分たちの利益が多い保険をすすめてくる可能性もあり、100%中立とは言えないところもあります。

そういったところで契約してしまうと節約にならないこともありますから、相談窓口を利用する場合は複数の窓口に行って多くのアドバイスをもらって判断しましょう。

医療保険なしの我が家

ちなみに我が家は民間の医療保険は入っていません。

夫は会社の健康保険、私は個人事業主なので国民健康保険に入っているので、それで充分という判断です。

夫も私も2人で働いているので、どっちかに何かあっても片方の収入があるし、だいたいの医療費は健康保険でカバーできますから。

意外と医療保険なしというご家庭は少数派のようで、まわりに言うと驚かれますが、夫はお金などの管理が全くできない人なので、反対されずに済んでいます(笑)。

節約ポイント④:外食費


外食費もおさえられればかなり節約になります。

  • 仕事中のランチをお弁当にする
  • ランチやケーキはテイクアウト
  • お茶は自宅や職場で自分でいれて楽しむ

などのように、外食で毎回済ませていたところを、3回に1回外食をやめて自宅や職場で食べるようにするだけでも違います。

 

ランチやケーキをテイクアウトすれば消費税も安くなりますし、飲み物を自分で用意できるのでかなりの節約になりますよ(^^)

外で飲み物を飲むのってかなり割高ですからね…(汗)。

紅茶で500円とか見ると「家でいれれば数十円なんだよなぁ…」とつい考えてしまう倹約家(別名ドケチ)な私。

もちろん外で食べることで気分転換にもなるので全ての外食をやめる必要はないですが、数回に1回外食を控えるところから始めてみましょう。

節約ポイント⑤:交際費


続いて見直したいのが交際費。

何も気にせずに使いたい放題だとすぐにお金が飛んでいきますから、「なぜかお金が足りなくなる…」という人は交際費もきちんと見直しましょう。

具体的には、

  • 飲み会に行く回数を減らす
  • 二次会には行かない
  • 友達とのお茶やランチはたまには自宅で

などの対策をすることで交際費がぐっとおさえられます。

 

お付き合いも大切ですし外での食事は気分転換にもなりますから、たまになら問題ありません。

ですが何となく惰性で必要のない飲み会に行ったり、しょっちゅう外食ランチやお茶をしていてはお金がなくなるのも当然です。

無理のない範囲からでいいですから、外でのお付き合いの回数をじょじょに減らしていきましょう。

人見知りでお誘いの少ない私は、交際費は全然かからないのでこの点は楽ちんですわ(泣笑)。

節約ポイント⑥:ドリンク代


多くの人が無意識に使っているお金が、ドリンク代。

1回にかかるお金がそこまで高額ではないため、節約するほとではないと思ってしまいがちですが、チリも積もれば山になります。

最近はオシャレ系のコーヒーショップやコンビニコーヒー、タピオカドリンクなど外で手軽に美味しいドリンクを買えるお店が増えましたよね。

通勤途中やランチの後、お出かけの時に毎回外でドリンクを買う習慣がついている人もいるかもしれませんが、その習慣もできるだけなくしていきたいところ。

ドリンク代を見直すだけで月3000円の節約に

コンビニコーヒーは安いものなら1杯100円程度ですが、月20回買えば2000円にもなります。

1杯200円、300円するドリンクを買っていれば、月20回で4000円、6000円も毎月ドリンク代に使っている計算になります。

そのうちの半分節約できれば毎月2000円~3000円貯金できますから、これもできるだけ減らしていきましょう。

 

ドリンク代の節約のためにできることとしては、

  • 水筒に飲み物を入れて持ち歩く
  • タンブラーを持参して割引でコーヒーを買う(一部のお店のみ)
  • 職場で自分でコーヒーを淹れる

などがあります。

 

外でコーヒーなどのドリンクを買いたい、と考える人の中には「コーヒーショップのおしゃれっぽさを手に入れたい」いう心理がある場合も。

自分でコーヒーを淹れると普通のマグカップになってしまいますから、何となく物足りなく感じるという人もいるんですよね。

ですが、コーヒーショップで使うようなおしゃれなタンブラーを用意して、それで自分で淹れたコーヒーを楽しめば満足できるはず。

自分でコーヒーを淹れれば外で買うよりもかなり安上がりになりますから、外で買うのはたまのご褒美にしておきましょう(^^)

節約ポイント⑦:タバコ・お酒代


「お金が貯まらない」という人に多いのが、お酒やタバコなどの嗜好品にお金がかかっているというケース。

どちらもお金がかかる嗜好品ですし、吸い過ぎ・飲み過ぎは身体によくないですから、このお金も減らしていきたいところ。

 

タバコに関しては禁煙できればベストですが、難しければ吸う回数を減らしましょう。

軽い運動を習慣づけるとタバコへの欲求が薄らいでいくので、身体のためにも運動を始めるのがおすすめです(^^)

炭酸水を取り入れてお酒を減らす

お酒は比較的安く飲めるものを選ぶようにしましょう。

ビールの代わりに発泡酒にしたり、炭酸水で割って薄めて飲む、などですね。

炭酸水はシュワシュワ感で満足できるため、お酒の代わりに炭酸水を飲んでお酒をやめられた、なんて人もいるようです。

私はお酒は飲めないのですがシュワシュワが好きなので、レモン入りの炭酸水を飲みながらおつまみを食べたりしています(笑)。

お酒も飲む量・回数を控えることで身体の負担を減らせますから、炭酸水を少し取り入れるところから始めてみてはどうでしょうか。

節約ポイント⑧:コンビニ代


日常生活の中で見逃してはいけないのがコンビニで使うお金。

コンビニは便利なところにあり、魅力的な商品が揃っていますからつい寄って買い物してしまいがち。

コンビニってなんであんなに便利であんなに魅惑的なんでしょうね(´Д` )

一度入ったらつい何か買いたくなりますから、販売のプロの手腕って本当に凄い。

ですがコンビニ商品は基本的に割引されることがないため、スーパーやドラッグストアに比べるとやや割高になり、頻繁にコンビニで買い物をするとかなりの出費になってしまいます。

なのでコンビニでのちょこちょこ買いを減らすことで大幅な節約ができるんです!(`・ω・´)

 

コンビニ代の節約法としてできることは、

  • 用がない時はコンビニに行かない
  • コンビニに行ったら必要なものだけ買って他は見ない
  • コーヒーやお茶は自宅や職場で自分でいれる
  • 野菜スープなどを冷凍で作り置きして、帰ってすぐ食べたい時に活用する
  • スーパーやドラッグストアで安く買ったインスタントラーメンやお菓子を確保しておく

などですね。

コンビニの商品は便利さが魅力ですが、その分価格もやや高く設定されています。

何かすぐに食べたい、という時にコンビニを利用したくなりますが、自宅や職場ですぐに食べられるものを用意しておけば、コンビニで買わなくても満足することができます。

 

コンビニは人に買い物をさせるためにいろんなテクニックが使われている場所。

なので一度入ったら買わずに出てくることはかなり難しいので、できる限りコンビニに入らないのが一番です。

コンビニで買い物をする頻度を減らすだけでかなりの節約になりますから、コンビニはたまの気分転換やプチご褒美で利用する程度にとどめましょう。

節約ポイント⑨:車の維持費


車を持っているご家庭は、車の維持費も見直したいポイントです。

車は持っているだけでもかなり維持費がかかりますから、あまり乗らないのあれば手放すのもアリです。

休日に少し移動するのに使う程度なら、カーシェアを利用すればじゅうぶん。

利用料金もそんなに高くないですから、維持費を払い続けることを考えればカーシェアの方が安くなります。

 

車を手放すのが難しいのであれば、

  • 駐車場代
  • 車の保険
  • 車検代

などを安くできるように見直してみましょう。

もっと貯金したいなら、在宅でできるスマホバイトを始めよう


いかがでしたか?

これらの9項目を見直すだけでかなりの節約となり、貯金額も増やせるはず。

もっとたくさん貯金したいよー!」という方には、在宅でスマホだけでできるアルバイトをするのがおすすめです。

私も在宅スマホバイトをしていますが、おうちでヒマな時間にやるだけでいいので、ズボラで飽きっぽい私でも続けられています(^^)

私が利用しているところは安全だし、ノルマもシフトもないので家事の合間にスマホでポチポチするだけでOK。

それだけで毎月7万円以上の副収入になっていますから、これからも続けていくつもりです(^^)

 

おうち時間が増えたいま、スマホバイトは大人気ですから、大きく稼ぐためにはライバルより早く始めることが重要です。

1日でも早く始めて、稼げる環境を整えておきましょう♪( ´艸`)

おうちで月10万円以上稼ぎたい方はこちら!
安全に稼げる在宅バイトをチェック
スマホ&在宅で月10万円以上稼ぎたい方向け!
安全に稼げるスマホバイトはこちら