お小遣いを増やす

貯金のやり方、基本の6つ。無理せず貯まる方法を解説。【初心者OK】

アイコ
アイコ
こんにちは。お買い物と貯金大好き、ズボラ主婦のアイコです。

貯金のやり方は世の中に数多くありますが、慣れていない人だとどの方法がいいか分からない、という事もありますよね。

貯金を続けて成功させるためには、無理せずにストレスなく続けられる方法を選ぶのが一番。

そしてそういう方法のほとんどは、昔から多くの人が実践している定番のやり方だったりするんですよね(^^)

そこで今回は、無理せず貯金をしたいアナタのために、基本の貯金の方法を6種類、ご紹介していきます。

無理なく確実に貯めていける方法だけを厳選していますから、できそうなものから選んで実践してみてくださいね(^^)

【初心者OK】基本の貯金のやり方、6つの方法を解説。

では早速、おすすめの貯金のやり方を6種類、ご紹介していきます。

無理なく、かつ確実に貯められる順に解説していきますから、面倒な貯金のやり方が苦手な人は上から順に試していくのがおすすめですよ(^^)

貯金のやり方①:給料から天引き


貯金初心者さんが確実に貯金するために、昔からすすめられているのが、

給料から天引きする

という方法。

天引きとは「あらかじめお給料からお金を引く」という意味。

毎月入ってくるお給料の残りを貯金するのではなく、まず貯金するお金を給料から引いて別に貯めておいて、その残りで生活するんです。

貯金ができない人は、貯金するお金を用意できないという事ですから、絶対に貯金をしたいならお金がある時に貯金分を確保してしまえばいいんです(^^)

自動でお金が確保されるように設定しよう

一番確実に天引き貯金するためには、会社で天引き貯金するシステムがあればそれを利用しましょう。

お給料が口座に振り込まれる前に自動で貯金してもらえますから、確実に貯められます。

もし会社にそういった貯金制度がなくても大丈夫。

給料が振り込まれる口座の銀行で、自動で積み立てられる定期預金を設定すればいいんです。

この時に注意したいのが、

  • 自動積み立てにする
  • 積み立て日は給料日からすぐにする
  • 普通預金でなく定期預金にする

ということ。

貯金しようと思っても、お金を移す手間がかかったり、時間がたってお金を使ってしまったり、すぐに引き出せる普通預金にしていては、貯金するお金を確保するのが難しくなります。

とにかく手間がかからず、確実に貯金するお金を確保できるように積み立てを設定するのがポイント。

天引き貯金さえ続けていければ、基本の貯金は成功ですよ(^^)

貯金のやり方②:袋分け


貯金・やりくり初心者でも気軽にできるのが袋分け。

袋分けとは、入ってきたお金を使う項目ごとに封筒などの袋に分けて、そこから出して使うことで簡単に管理するというやり方です。

袋分け貯金のやり方

袋分けに必要なものは、お金を入れられる封筒数枚のみ。

家にある封筒を使ってもいいですし、100均で使いやすい袋を買ってもいいですね(^^)

↓気軽に始めるのにおすすめなのが厚手のチャック付ポリ袋。

袋分けのやり方は簡単。

  1. お給料が入ったら銀行引き落とし以外のお金を全て引き出す(この時千円札を多めにすると便利)
  2. 引き出したお金を項目ごとに予算を決め、袋に分けて入れる
  3. お金を使うときにその分を袋から出し、おつりや余りを袋に戻す

という風にやっていきます。

予算を袋分けしておくことで、自分がいま予算内でいくら使っていくら残っているかがわかりやすくなります。

そうすれば予算をオーバーして使いすぎることなく、貯金分に手を出さずに済みます(^^)

袋分けの項目の決め方


袋分けで悩むのが分ける項目ですが、ざっくりと2通りあります。

  1. 使う項目で分ける(貯金分・食費・消耗品費・光熱費・習い事など)
  2. 使う日数で分ける(1週目、2週目、3週目など)

どちらの分け方でも、最初にざっくりと予算を決めて、それぞれの袋に入れるだけでいいですが、どちらの分け方でもメリットとデメリットがあります。

使う項目で分ける場合、予算をたてやすいのがメリットですが、そのお金を使う時にいちいち袋からその分を出し、余った分を袋に返さないといけないというデメリットがあります。

使う日数で分けると、使い始めの時にその予算の分をお財布に入れるだけなので楽ですが、大きな買い物を一度にした時に予算配分が狂って計算がしづらいというデメリットがあります。

おすすめの袋分けのやり方

なので私が袋分けをしていた時は2つのやり方を組み合わせていました。

まず貯金分・食費・消耗品費・光熱費・習い事・交際費・税金など払うタイミングや金額がだいたい決まっているものを先に予算を組んで袋分けします。

そして残ったお金を4つに割って、

  1. お小遣い1週目
  2. お小遣い2週目
  3. お小遣い3週目
  4. お小遣い4週目

という風にさらに袋に分けます。

このお小遣いの中で毎日のお小遣いやランチ代、おやつ代などこまごましたものをまかなう、という感じです(^^)

税金や消耗品費などは使う月と使わない月が出てくるので、年間の予算を決めておいてそれを12で割り、その金額を毎月袋に貯めていきながら使うと、急な出費に慌てずに済みますよ(^^)

貯金分を毎月袋に貯めていくのもいいですが、手元にあると使いたくなってしまうので、貯金分はこまめに貯金用の銀行口座に入金するのがベストです♪

貯金のやり方③:500円玉貯金


これも昔から行われているやり方で、地味ですが楽しく続けられて堅実に貯められます。

やり方は簡単で、帰宅したらお財布の中に残った500円玉をすべて貯金箱に入れるだけ。

これを毎日続けるんです。

500円玉って他の硬貨よりも大きくてなんとなく特別感がありますよね。

だから500円玉を貯金箱に入れる、という行為が楽しくて無理なく続けられるんです(^^)

しかも500円って貯金箱に一回に入れる額としては少なくないので、継続できればかなりの金額貯金できます。

500円玉貯金で大きく貯めるコツ

より大きく貯めたい場合は、

  • おつりで500円玉をもらったら、その500円玉は使わないようにする(複数枚貯金できる)
  • 簡単に開けられない貯金箱を使う(100均で売ってる缶のものがおすすめ)

などのルールを決めるとさらに貯金がはかどります♪

毎日500円を貯めるのはキツい…という人は、財布に残った50円玉をすべて貯金箱に入れる、というやり方でもいいと思います。

(100円玉をすべて入れるとなると額が大きくなるため)

 

とはいえ、ここに挙げたやり方は一つの例ですから、自分で無理なく続けられるルールを決められればその通りにやればOKです(^^)

ただし、ルールを途中でコロコロ変えるとゲーム感覚がなくなって楽しく続けられなくなりますから、毎日守れる無理のないルールで始めて、達成感を感じられるようにした方がいいですね(^^)

貯金のやり方④:つもり貯金


こちらも昔からあるやり方で、使ったつもりのお金を貯金するというもの。

つもり貯金をするなら、こちらも専用の貯金箱を用意するのがおすすめです(^^)

つもり貯金のやり方

つもり貯金をするタイミングは、お金を使おうと思ったけど使わなかったという時。

毎日の生活の中で、「これ買いたい!」「これあったらいいかも!」と思う時、ありませんか?

でも、「ダイエット中だからやめた方がいいよね」「見た目はいいけどサイズがちょっと合わないかも…」と100%納得できない時もありますよね。

そういった「本当は買わない方がいいかも」と思った時に買うのを我慢して、その分を「使ったつもり」として貯金するんです。

 

具体的なタイミングとしては、

  • 外食して帰ろうと思ったけど帰って自炊した
  • 良さそうなプチプラ服を見つけたけど質のいい服を買うためにやめておいた
  • コーヒーショップでスイーツをつけようと思ったけどダイエット中だからやめた
  • タクシーに乗りたくなったけどダイエット中だし歩いて帰った
  • 新しいコスメが欲しくなったけど今使っているのが残っているからやめた

などですね。

 

人間は不思議なもので、3000円を貯金にまわそうとすると「お金が足りなくなるかも?」と心配するくせに、何かを買うときにはそんな心配しないんですよね(笑)。

だから3000円の服を買おうとしてやめたら、その3000円を貯金箱に入れてしまうんです。

服を買っていたらその3000円は今は手元にない訳ですから、貯金箱に入れても問題はないはず。

そうしてコツコツと貯金していけば、いつかもっと質の良い服を買えたり、旅行に行ったり資格をとったり、さらに大きな自分への投資ができますよ(^^)

貯金のやり方⑤:スライド貯金


ゲーム感覚で楽しめて、確実に効果があるのがスライド貯金。

月に1回お給料をもらったらそれで1か月やりくりするのが普通ですが、スライド貯金とは1回のお給料で1か月以上もたせる、というやり方です。

1か月分のお給料で1か月以上生活することを続けていくことで、お給料が手つかずで残るようになるので、その分が貯金になるんです(^^)

初心者さんには3日スライド貯金がおすすめ

貯金の初心者さんにおすすめなのは、3日スライド貯金。

お給料が入ったらそのお給料で1か月+3日過ごすんです。

それを毎月続けていくと、11か月目は10月分のお給料で過ごせるようになるので、11か月目のお給料はまるまる余ります。

以下のカレンダーを参考にすると分かりやすいはず(^^)

スライド貯金の基本的なルールはとてもシンプル。

  • お給料が入ったらそれで1か月+3日もたせる
  • 1か月+3日たった後で次に入ったお給料を解禁する

という感じです。

厳密にやれたらそれがベストですが、無理せず続けていくために、家賃や光熱費など毎月決まったタイミングで支払うお金は除いて、それ以外のお金だけをスライドさせるのもアリです。

スライドさせる日数は自分で決めてOK

また、スライドさせる日数は何日でもOK。

自分のやりやすい日数やどれぐらい早く貯めたいかという目標に合わせて自分ルールを作りましょう♪

初心者さんには1か月+3日がおすすめですが、もっと早く貯金が欲しいなら1か月を5週間にすると、日数の計算が楽になるのでこちらもおすすめ(^^)

(お給料が出たらそれで5週間もたせる、ということ)

 

スライド貯金を成功させるためには、次のお給料解禁までの日数を把握しておくことが大切です。

先ほどご紹介した袋分けでスライドルールを取り入れたり、スライド貯金スケジュールカレンダーを作るなどしてわかりやすくしておきましょう♪

貯金のやり方⑥:金積み立て投資


これは貯金ではないのですが、貯金的に利用できるやり方なので最後にご紹介しておきます。

金(ゴールド)を毎月買って、資産として積み立てておくというやり方です。

金投資は投資の中でも初心者向けで、利益が出るまでに多少時間はかかりますが、金は世界で需要がありリスクが低いので安心して買う事ができます。

 

金を買う、と聞くとお金がたくさん必要だと思われるかもしれませんが、金投資は月1000円からできます(^^)

毎月1000円で買えるだけの金を確保してもらい、それを毎月繰り返していくという感じ

買い集めた金は、金そのものでもらうこともできるし、金のアクセサリーなどに交換してもらうことも可能。

そして金を売却して、そのお金を口座に振り込んでもらうこともできるんです!

 

感覚としては給料天引きや積み立て貯金に近いですが、金積み立ては投資なので、普通に貯金するよりも利益率が高いです(^^)

私もここ10年ほど毎月金積み立てをしています♪

先ほどもお伝えしたように、金は世界各国で需要があるので損するリスクは低めの投資先です。

ですが絶対に損しないと断言はできないので、金積み立てをする場合は自己責任で行ってくださいね。

もっと貯金を増やしたいなら、在宅スマホバイトがおすすめ


いかがでしたか?

どれも初心者さん向けですから、できそうなものがあれば今日からでもすぐに始めてみてくださいね(^^)

それでも「もっとたくさん貯金したいよー!」という方は、在宅でスマホだけでできるアルバイトがおすすめ。

個人情報はしっかり守られますし、シフトもノルマもないので在宅で家事や仕事の合間にサクッと稼ぐことができます。

私も数年前からやっていて毎月7万円以上稼げているので、まだしばらくは続けるつもりです♪( ´艸`)

今スマホバイトは大人気ですから、大きく稼ぐためにはライバルよりも高いスキルを身につけることが重要です。

1日でも早く始めて、稼げる環境を整えておきましょう!

おうちで月10万円以上稼ぎたい方はこちら!
安全に稼げる在宅バイトをチェック
スマホ&在宅で月10万円以上稼ぎたい方向け!
安全に稼げるスマホバイトはこちら