お小遣い稼ぎのための時間術

【主婦向け】家事のやる気が出ない!ストレスなく済ませる5つのアイデア。

アイコ
アイコ
こんにちは。時短家事大好き、スボラ主婦のアイコです。

やらなきゃいけないのはわかってるけど、家事のやる気が出ないよぉー!」と毎日心の中で叫んでいる主婦の皆様は多いはず。

私も昔は「アレもコレもやらなきゃ…!」とテンパっていましたが、「頑張らなくていい」ということに気づいてからはやる気に左右されることは少なくなりました。

そこで今回は主婦の私が実際に行っている、「家事のやる気が出ない」を防いで、ストレスなく効率よく家事を片付けるためのアイデアをご紹介していきます!(^^)

【主婦向け】「家事のやる気が出ない」を防ぐ!効率よく家事を済ませる5つのアイデア


では早速、主婦の皆様向けに、家事をストレスなく効率よく済ませるために実践したい5つのアイデアをお伝えしていきます。

全て私が実際に取り入れて効果を感じていることなので、是非試してみてくださいね(^^)

対策①:やる事を書き出す


「家事のやる気が出ない…」という時に意外と効果的なのがコレ。

やる気が出ない時って、疲れているのもそうなんですが、「やるべき事が多くて何からやればいいか混乱している」というのも大きな原因だったりします。

そういう時は手を使ってやるべき事を書き出し、リスト化することで頭が整理されます。

そうすれば何から始めればいいかわかるので、自然と家事にとりかかれます。

また、完了したものをリストから削除することで達成感が感じられ、やる気も保てます。

書き出す時はスマホメモでもいいですが、紙に書いた方が過程が分かって後で達成感を感じやすくなるのでオススメです(^^)

※書き出す時には合わせて↓の対策②のテクニックも取り入れましょう♪

対策②:ステップごとに細分化する


やる事を書き出す際に、やる気を出すだめに非常に重要なのが

ステップごとにできるだけ細かく細分化する

という事。

たとえば窓ふきをやろうとする場合、「窓ふき」とだけリストに書く人は多いと思いますが、それではリストを見た時に「大変な窓ふきをやらなきゃいけない」と感じてしまってなかなかとりかかることができません。

細分化はできるだけ細かくする

なので、窓ふきの家事をやることリストに書き出す場合、

  • 窓ふき用道具を窓のそばに出す
  • 窓の内側を拭く
  • 窓の外側を拭く
  • サッシを掃除する

という風に、できるだけ細かく細分化して書き出すことをおすすめします。

人によっては「内側の右の窓ふき、内側の左側の窓ふき」という風にさらに細分化するのもアリです(^^)

細分化はメリットだらけ

ステップを最大限に細分化することで、

  • 心理的ハードルが低くなってやる気になれる
  • 短時間でもとりかかる気になれる
  • どこまでやったかを覚えておく・思い出すストレスがない

とメリットだらけに。

なのでやることリストを書き出す時は、「こんなに簡単なこともリストにするの?」と自分で思うぐらい、ステップを細分化して書き出しましょう。

対策③:スキマ時間にすすめる


空き時間ができたら書き出したリストを眺め、その時の時間と気力でできそうなものだけを選んでやっていきます。

ステップが最大限に細分化されているのでとりかかりやすいはず。

もちろん時間もやる気もある時は複数のステップを一気に消化してもOK(^^)

空き時間ができたらリストを眺めてできることだけやってリストから消す、を繰り返していくことで、ストレスなく効率よく家事を片付けることができます♪

対策④:必要な道具は見えるところに出しておく


家事のやる気が出ない、またはやることを先延ばしにしてしまいがちな主婦の方には、

やる事に必要な道具を見えるところに出しておく

という方法も有効です。

見えるところに道具を出しておくことで、

  • やるべき事を忘れない
  • 時間ができた時すぐにとりかかれる
  • 見えるところに置くことで早く片付ける気になれる

というメリットがあります。

さきほど家事のステップを細分化するところでも書きましたが、リストに書き出すときの1つのステップとして「必要な道具を見えるところに置く」を最初に加えるようにしましょう(^^)

対策⑤:そもそもの家事のステップを減らす


最後の「家事のやる気が出ない」対策としておすすめなのが、そもそもの家事のステップを減らすこと。

多くの主婦たちが「完璧な主婦」「いろんな事をちゃんとやっている主婦」を目指そうとしがち。

ですが、全てをきっちり、完璧にやることをご家族は求めているでしょうか?

多少手を抜かれても生活に影響はないはずで、手抜きされても奥さん・お母さんが機嫌よく笑っていてくれる方がいいに決まっています。

 

ですからアレもコレもちゃんとしなきゃ、と一人で完璧を目指す必要はありません。

そもそもやる事自体を減らせば、家事を面倒に感じることも少なくなり、やる気を維持しやすくなります。

私も手を抜いているところは抜き、毎日のんびり家事と仕事をしています。

私が実践している「やらないこと」を以下にまとめておくので、是非取り入れてみてくださいね(^^)

洗濯物はできるだけハンガーに干す

洗濯物を干すときにはできるだけハンガーを使い、乾いたらそのままクローゼットに移動させるだけにします。

洗濯物はできるだけたたまない

靴下やパンツなどの小物は、洗濯が終わったらたたまずに、カゴにそのまま入れるだけにしています。

靴下を全て同じ色にする

靴下の色や柄を何種類も違うものを持っていると、たたむときや履くときにいちいち揃える手間がかかります。

なので黒や紺など全て同じ色で何足も揃えておくことで、揃える手間がなくなりますし、一つ穴があいても別のものと組み合わせられるので経済的でもあります。

特に男性は靴下にこだわりがない人が多いので、この方法が取り入れやすいです。

マット類は極力使わない

玄関やトイレのマットは使っていません。

マットがあると掃除の時にどかす手間がかかるし、マット自体を洗うという家事が増えます。

トイレマットもない方がこまめにトイレ掃除をしやすいのでおすすめです。

ご飯はワンプレートに

ご飯はワンプレートで盛りつけるとカフェっぽい感じになりますし、洗うお皿が減って楽になります。

仕切りのついているおしゃれなプレートを買ってもいいですね(^^)

部屋の中の飾り物を減らす

部屋に飾り物が多ければ多いほど、掃除の手間が増えます。

それに、多すぎると逆にゴチャゴチャした印象になってしまうため、一番お気に入りの数点だけを残してあとはしまうか手放すかしましょう。

飾り物以外にも、外に出しておく必要がないものも収納した方がいいです。

外に出ているものが少なければ、スッキリした部屋になって視覚的ストレスが減りますし、掃除もしやすくなるのでおすすめです(^^)

家事が早く終わればスマホバイトもできる

いかがでしたか?

これらのやり方を取り入れることで最低限の家事をストレスなく、マイペースで片付けていくことができるようになるはず。

そうやって自由な時間が10分でもできれば、在宅のスマホバイトで稼ぐこともできちゃいます(^^)

自分の自由時間を満喫するためには、多かれ少なかれ好きなことをするお金が必要。

在宅の空き時間でできるお小遣い稼ぎなら、無理なく自分用のお金を確保することができちゃいます( ´艸`)

 

今スマホバイトは大人気ですから、大きく稼ぐためにはライバルよりも高いスキルを身につけることが重要です。

1日でも早く始めて、稼げる環境を整えておきましょう♪( ´艸`)

おうちで月10万円以上稼ぎたい方はこちら!
安全に稼げる在宅バイトをチェック
スマホ&在宅で月10万円以上稼ぎたい方向け!
安全に稼げるスマホバイトはこちら