お小遣いを増やす

水道代の節約アイデア7選。節水グッズも活用して楽ちん倹約!

アイコ
アイコ
こんにちは。買い物と節約大好きズボラ主婦、アイコです。

水道代が家計の中で占める割合は意外と大きいもの。

うまく節水できればかなりの節約になりますから、主婦としては頑張って取り組みたいところ。

ですがケチケチしすぎるとストレスになってしまいますから、無理なく続けられる節水法を実践していきたいですね。

そこで今回は、ストレスなくできる、水道代を節約するための7つの方法を大公開!

私のようなズボラ主婦でも続けられますから、是非取り入れてみてくださいね(^^)

ズボラ主婦でもできる。水道代を節約するための7つのテクニック。

ではここからさっそく、水道代を節約するための方法をご紹介していきますね(^^)

水道代節約テク①:トイレを流す時に「大」と「小」を使い分ける


トイレを流す時には意外と多くの水を使っています。

なのでトイレを流す時に毎回、「大」と「小」をきちんと使い分けることでかなりの節水になります。

トイレのレバーの中には、手前に引く方が「大」となっているものも多く、つい手前に引いてしまいがちですが、「小」で足りる時は毎回きちんと小を使うようにしましょう。

ご家族がいる場合は、家族全員に「小」レバーもきちんと使ってもらうように協力してもらいましょう(^^)

水道代節約テク②:水を使っていない時は止める


これも水道代の節約には非常に大きいので毎日の生活で意識したいところ。

具体的には、

  • シャワー中にシャンプーを泡だてる時
  • 皿洗い中にスポンジで洗っている時
  • 手洗い中に石けんをつけている時

などです。

こういった場面では水は使っていないですよね。

短時間だとしても、水を使わない時にこまめに水を止めるだけで、かなりの節約になります。

蛇口やシャワーから水を流しっぱなしにすると、1分間で10リットル以上もの水が流れるそう。

これらをこまめに止めることで年間数千円もの節約になることもありますから、こちらも家族全員で意識できるといいですね(^^)

水道代節約テク③:節水グッズを使う


何度注意しても家族が蛇口の水を出しっぱなしにする…。

そんなご家庭には節水グッズを使うのがおすすめです。

蛇口に使える代表的な節水グッズには

  • 蛇口の内部に取り付ける節水コマ
  • 蛇口の先に取り付ける節水アダプター

があります。

節水コマは蛇口の内部に入れて水の通り道の一部をふさぐことで、出てくる水量を減らす効果があります。

節水アダプターとは、蛇口の先につけることで出ていく水に空気を混ぜることができ、それで使用する水の量を減らすことができるというグッズです。

 

どちらを使っても出てくる水の量を減らすことができますが、節水コマの方は明らかに水量が少なくなったことが目で見てわかるため、その分長い時間水を出してしまって節水にならない可能性もあります。

一方節水アダプターは水に空気を混ぜているだけなので出てくる量は普通に見えますし、空気を含むぶん水を広範囲に使え、水量が多少減っても気になりません。

節水アダプターなら取り付けも簡単ですから、まず試すなら節水アダプターの方がおすすめです(^^)

水道代節約テク④:節水シャワーヘッドに変える


シャワーの際に使う水量もかなりの量になりますから、こちらもうまく節水したいところ。

蛇口と同じようにシャワーヘッドにも節水できるものがありますから、水道代を節約したいなら交換するのがおすすめ。

節水シャワーヘッドの中には節水以外に

  • 手元で水を止められるスイッチ
  • 塩素除去
  • 水流のモード切替

といった機能がついているものもあるので、ご家庭に合ったものを選ぶといいですね(^^)

節水シャワーヘッドにすると出てくる水の量が少なくなるのでは?」と心配になるかもしれませんが、きちんと作られている商品なら、節水しながらも満足できる水の出方になるように工夫されています。

シャワーヘッド部分で水量を調節できるものもありますから、ご家族と自分で水量を切り替えることも可能ですよ♪

水道代節約テク⑤:お風呂の湯船に入る時は家族と一緒に


お風呂の湯船に水をためるのもかなりの水量を使います。

特に一人で湯船につかる場合は水を多くしないといけませんから、節水のために一人で入るのはできるだけ避けて、ご家族と一緒に入るようにするのがおすすめ。

一人で入るよりも誰かと一緒の方が湯船の水位が高くなりますから、そのぶん水道代を節約できます。

一緒に入れる時は湯船にためるお湯の量をあらかじめ少なめにしておきましょう。

水道代節約テク⑥:風呂の残り湯を洗濯に使う


水道代の節約テクニックとしておさえておきたいのが、お風呂の湯船に残ったお湯を洗濯に使うという方法です。

最近の洗濯機なら残り湯を引いてきて使う機能が備わっていますし、その機能がなくても残り湯を移動させる専用のホースが売っていますからどのご家庭でも手軽にできます。

洗濯機によっては残り湯をどう使うか設定できるものもありますから、ご家庭に合った使い方を設定しておきましょう(^^)

水道代節約テク⑦:洗濯物はためて洗う


洗濯機で洗濯をする際、毎回かなりの量の水を使います。

そのため、洗濯物はできるだけためてまとめて洗い、洗濯機を回す回数を減らすようにしましょう。

最近の洗濯機は洗濯物の量に合わせて水量を自動調整してくれますが、それでも少ない洗濯物に対してかなり多めの水量を使っています。

なので中途半端に少ない洗濯物を毎回洗濯機で回すよりも、最大限までためてまとめて洗う方が節水になります。

もちろん洗濯機がパンパンになるレベルだと逆に洗濯効率が落ちるので、無理なく洗濯できる量にしておきましょう。

 

私は自他ともに認めるズボラ主婦ですから、多少洗濯物があっても洗濯をするのは最大限後回しにしてかなり粘ります(笑)。

家事をする回数は少なくなるし、家計の節約にもなるしエコにもなる。

一石三鳥ですよ♪( ´艸`)

もっとお金が欲しいなら、在宅OKのスマホバイトをしよう


いかがでしたか?

今回ご紹介した節約アイデアはどれも無理なく取り入れられるものですから、是非今日から意識してみてください(^^)

それでも「もっとお金が必要だー!」というなら、在宅でスマホだけでできるスマホバイトがおすすめです♪

家事の合間の空き時間にできて、シフトもノルマもないですから、忙しい主婦のお小遣い稼ぎにぴったり(^^)

私も数年前からやっているので安全性は保証できますし、毎月7万円以上稼ぎ続けています♪

今スマホバイトは大人気ですから、大きく稼ぐためにはライバルよりも高いスキルを身につけることが重要です。

1日でも早く始めて、稼げる環境を整えておきましょう♪( ´艸`)

おうちで月10万円以上稼ぎたい方はこちら!
安全に稼げる在宅バイトをチェック
スマホ&在宅で月10万円以上稼ぎたい方向け!
安全に稼げるスマホバイトはこちら