テレフォンレディで稼ぐコツ

テレフォンレディの会話術を伝授!長く話せる基本の話し方を身につけよう。

アイコ
アイコ
こんにちは。8つのサイトでテレフォンレディ経験のあるアイコです。

頑張っているのに男性との会話が盛り上がらない…」と悩んでいるテレフォンレディは意外と多いようです。

男性との会話を盛り上げて通話時間を長くするためには、普段と同じ話し方をするのではなく、テレフォンレディ用の会話術が必要です。

そこで今回はテレフォンレディのための会話術として、会話を盛り上げる話し方の基本を解説していきたいと思います!

テレフォンレディで稼ぐならサイト選びが最も大切!

テレフォンレディでガンガン稼ぐなら、自分に合った稼ぎやすいサイトでやる事が何よりも重要です。

自分にとって稼ぎやすいサイトを探すには、いろんなサイトを試してみるのが一番!

当サイトでおすすめしているのは全て「安全で稼ぎやすいと口コミで評判のところばかり。

もちろん全て登録・利用は無料で気軽に試せますから、片っ端から登録して使ってみましょう♪

今すぐ始めれば、楽しくお喋りするだけで明後日には1万円が手に入るかもしれませんよ♪

→テレフォンレディのおすすめ大手サイト最新ランキングを見る!

テレフォンレディの基本の会話術

では早速、テレフォンレディの基本の会話術からご紹介していきます。

明るい声で喋る

テレフォンレディの基本の会話術
当たり前ですが、明るい声で話した方が男性に気に入られます。

男性は楽しむためにお金を使っている訳ですから、明るい雰囲気の女性と話したいに決まっていますからね。

なので明るい声で喋るのはテレフォンレディの話し方の基本中の基本です。

 

ですが、意外とこの基本ができていない人が多いんですよね^^;

  • 始めたばかりで緊張している
  • テレフォンレディに慣れて手抜きしている
  • 疲れて元気がない

など、自分が気づかないうちに暗いトーンで喋ってしまいがち。

そんな女性が多い中で明るく楽し気に話せれば、それだけで好印象を持ってもらえて、気に入ってもらえます(^^)

なので常に意識して明るい声で喋るようにしましょう!

聞くことが最優先

テレフォンレディの基本の会話術2
どんな人でも、誰かと話す時は自分の話を聞いてもらいたいと思っているもの。

誰かと話している時に相手ばかりが話して自分の話を全然聞いてくれなかったら楽しくないですよね。

お金を払ってまでテレフォンレディと話そうと考える男性の場合、「自分の話を聞いて欲しい」という気持ちが特に強いです。

なので、自分が喋るよりも男性の話を聞いてあげる方が男性は喜びます。

 

人は自分でも意識せず喋っていますから、少し控えるぐらいでは男性から見たらまだまだ喋りすぎ。

自分で「喋るのが少ないかな?」と思うぐらいがちょうどいいです。

「聞く8:話す2」を目標に、男性の話をできるだけ聞くように心がけましょう。

敬語とタメ口を使い分ける

テレフォンレディの基本の会話術3
テレフォンレディで稼ぐためには、いかに男性と仲良くなって固定客(常連客)を増やせるかがカギとなります。

そのため、早い段階で男性との距離をつめて仲良くなっておきたいもの。

男性と仲良くなるために重要なのが、敬語で喋るかタメ口で喋るかの判断です。

 

基本は

  • 年上の男性 → 敬語
  • 同年代か年下の男性 → タメ口

です。

男性は「自分がお客さん」という意識がありますから、自分よりも年下の女性にいきなりタメ口で話されるのを嫌がる人もいます。

なので自分よりもはっきりと年上の男性だった場合、最初は敬語で話すのが無難です。

 

敬語にタメ口を混ぜた方が会話が弾む

ですが常に敬語だと会話が堅苦しくなってしまうため、失礼のない程度で混ぜられればタメ口を混ぜた方がトークが盛り上がります。

例を挙げると、

  • 「〇〇なんですね!いいなぁ~」
  • 「そうそう!〇〇が好きなんです!」

という感じ。

短い文章をタメ口にすることで、失礼に感じさせずにリラックスした雰囲気を出すことができます。

 

徐々に敬語→タメ口に切り替える

また、男性は女性と親密になりたいと思っていますから、いけそうな雰囲気だったら徐々に全てタメ口に切り替えていくのがおすすめ。

「最初は敬語だったのに途中からタメ口になった」という状況は、男性にとっては自分には素を見せてくれている事になるので喜んでくれるはず。

タメ口に切り替えていいものか難しい感じであれば、

「〇〇だってば!あ、ごめんなさい!タメ口になっちゃった。
□□さんってすごく話しやすいから…でも気をつけます。」

という風に言って反応を見てみるといいですね。

ほとんどの男性が「タメ口でいいよー」と言ってくれるはずですが、中には敬語を使われたい人もいるので、反応が薄ければそのまま敬語をメインにして話すようにしましょう。

相づちは適度に

テレフォンレディの基本の会話術4
男性の話を聞くのに熱心なあまり、何も言わずにじーっと聞いてしまう人がいますが、これはNG。

適度に相づちをうつようにしましょう。

相手が自分の話を聞いているかどうか分からないと話している方は不安になります。

 

電話だと相手の顔が見えずになおさら分かりづらくなるので、途中で

  • 「うんうん」
  • 「そうなんですね」
  • 「えー」
  • 「本当ですか?」

など、話を邪魔しない程度の相づちをうちましょう。

ただし、相づちは多くなると逆に話しにくくなります。

「うん、うん、うん、うん、うん」という風に相づちがしつこくならないように気をつけましょう。

声のリアクションを大きく

テレフォンレディの基本の会話術5
先ほども書きましたが電話では相手の顔が見えない分、相手の反応が分かりづらいです。

そのため日常生活と同じトーンで話してしまうと、こちらの気持ちが男性に伝わりづらくなってしまいます。

顔が見えないのを補うためには、声のリアクションを大きくすることが重要です。

 

声のリアクションを大きくして男性に伝わるようにするには

  • はっきりと喋る
  • 声に抑揚をつける
  • 笑う時は声に出す
  • 男性の言ったことを繰り返す(ちゃんと聞いてますアピール)

などが有効です。

こちらはちゃんと聞いているつもりでも、それが男性に伝わらなければ意味がありません。

「この子反応が薄いな…」と思われると「話してても楽しくない」となってしまって通話時間が短くなってしまいます。

男性に気持ちよく話してもらうために、声のリアクションは常に大きめを意識しましょう。

相手の話に興味を持つ

テレフォンレディの基本の会話術6
テレフォンレディの基本の会話術、最後は「相手の話に興味を持つ」です。

人は自分の興味がある話題になればテンションが上がりますから、相づちや大きなリアクションは自然とできるし、会話も自然に続きます。

ですが、自分の興味のない話になってしまうと「興味ありません」という雰囲気が出てしまい、無理に会話を続けようとしても知識がないせいでギクシャクしてしまいます。

 

そういう時におすすめの対処法が、相手の話に興味を持つこと。

興味がない話をされた時に「わからない話だから」と諦めるのではなく、わからない、けど知りたい」と興味だけは持つようにするんです。

知識はなくても興味があれば相手に教えてもらえますし、教えてもらうことで会話も盛り上がります。

男性からしたら自分の好きな事についての話を聞いてもらえるのは嬉しいことですから、満足度も高くなります。

 

多くの人と話すチャンスがあるのがテレフォンレディのだいご味。

自分の知らない事を知れるのは良いことですし、仕入れた知識が他の男性とのトークに役立つことだってあります。

どんな事でも興味を持っておくことで、新しい世界が広がるかもしれませんよ(^^)

※おすすめ記事
→もっと稼げる!テレフォンレディおすすめサイト最新ランキング