メールレディの税金&確定申告

メールレディの経費はどんなものがある?経費管理の方法と節税のコツを確認しよう!【メルレ・チャトレ・テレレの税金】

アイコ
アイコ
こんにちは。メールレディで毎月8万円以上稼いでいるアイコです。

メールレディ・チャットレディ・テレフォンレディが確定申告する場合も、他の仕事と同じように経費をまとめておき、それを収入から差し引いて払う税金を計算します。

ですがメールレディなどは特殊なお仕事なだけに、「どこからどこまでを経費にできるの?」と悩むメルレも多いようです。

そこで今回は、メールレディなどの経費にはどんなものがあるか、経費をどうやって管理すべきか、そして節税するためのコツを解説していこうと思います!

※確定申告とは何?という方はこちらをどうぞ(^^)

今のサイトで稼げていますか?

いま利用しているメールレディサイトで満足するほど稼げていますか?

もしそうでなければ、そのサイトは自分に合っていないかもしれません。

メールレディで稼ぎたいなら、自分に合った稼ぎやすいサイトでやる事が何よりも大事です。

より自分に合った稼げるサイトを探すために、他のサイトも試してみましょう。

このサイトでおすすめしているところは全て「安全で稼ぎやすい!と評判のところばかり。

登録・利用はすべて無料で気軽に試せますから、片っ端から登録して使ってみましょう♪

自分に合ったサイトが見つかれば、メールだけで月5万円の収入になるかもしれませんよ♪

→もっと稼げる!メールレディのおすすめ大手ランキング!

「経費」って一体何?なぜ経費が必要なの?【メルレ・チャトレ・テレレの税金】

「経費」って一体何?なぜ経費が必要なの?【メルレ・チャトレ・テレレの税金】お金の管理の経験があまりない方の場合、そもそも「経費」とは何なのか、というところが理解できていないかもしれません。

まずはそういう方のために、「経費とは何か」というところから簡単に説明していきましょう。

経費とは、

その仕事に必要なものを買うための費用

です。

レストランをしている場合、テーブルや椅子、調理に使う鍋や食器などがないと商売ができませんから、こういう必要なものを買うお金は経費となります。

経費があると税金が安くなる

なぜ経費を管理・把握する必要があるのかというと、経費があることによって払う税金が安くなるから。

税金は純粋に得たお金に対してかかるという考え方なので、収入を得るために出て行ったお金があれば、それを差し引きしないと正しい税金の金額が計算できません。

税金の計算をするもとになる金額を「所得」といいますが、所得金額を出すには

収入(振り込まれた金額) - 経費 = 所得

と言う計算式を使います。

 

つまり、経費が多ければ多いほど所得の金額が少なくなります。

イコール、税金の計算をするもとの金額も小さくなるため、税金もその分安くなるという訳。

ですから「税金をできるだけ安くして節税したい」と思うのなら、経費になるものは漏らさず全て管理・把握しておくことがとても重要になるんです!

メールレディの経費にできるものまとめ!経費にできるものは意外と多い!【メルレ・チャトレ・テレレの税金】

メールレディの経費にできるものまとめ!経費にできるものは意外と多い!【メルレ・チャトレ・テレレの税金】経費を漏らさずに全て管理・把握しておくことが、税金を安くするために重要だと言うことは分かってもらえたと思います。

「でもメールレディ・チャットレディ・テレフォンレディの仕事の経費って何があるの?」と迷う人もいるかもしれません。

簡単な見分け方としては、「メールレディなどの仕事で使うものなら経費になる」という考え方でOK。

ですがそれでも、「これは経費なの?経費じゃないの?」と迷うことも多いと思うので、経費になるものを挙げていきたいと思います!(`・ω・´)

洋服

メールレディなどのお仕事で重要なものの一つが画像や動画。

画像や動画を撮影する時に着る洋服、下着などは経費になります。

またコスプレの衣装やウィッグなどを使う場合はそれも経費に。

「仕事で使うもの」が経費になるかどうかの境目なので、新しい洋服等を買う際にはメールレディなどの仕事でも使えるものを選ぶと経費が増やせます(^^)

化粧品・メイク道具

画像や動画で顔を写す場合は、メイクの化粧品や化粧道具も経費に入れられます。

特に身バレを防ぐためにコンシーラーでホクロを隠したり、普段とは違うメイクをする人も多いでしょうから、化粧品やメイク道具はメールレディの仕事ではかなり重要。

もちろん普通のメイクをする場合でも経費にできます(^^)

画像・動画用のライト等

画像や動画を撮影する際、ライトがあると仕上がりが断然良くなります。

「メルレやチャトレでしっかり稼いでいきたい!」と思うならライトはあった方がいいですね。

また、自撮り棒やスマホスタンド、通話もするならスマホのイヤホンマイク、パソコンでのTV通話をするならWebカメラなど、スマホやパソコンの周辺機器も経費にできます。

スマホのパケット通信料

スマホでメールレディの仕事をするなら、スマホのパケット通信料はもちろん経費になります。

移動中や外出先で仕事ができるのがメールレディの大きなメリット。

メールレディの仕事を始めてパケット通信料が増えたという人もいるはずですから、しっかり経費に入れておきましょう。

Wi-Fi料金(按分)

自宅にWi-Fiがある人は、自宅にいる間はWi-Fiを使ってメールレディ・チャットレディ・テレフォンレディの仕事をすることになりますから、Wi-Fi料金も経費にできます。

「メールレディの仕事でしかWi-Fiを使いません」という人はWi-Fi料金の100%を経費にできますが、そういう人はまずいないはず。

こういう風に「一部をメールレディの仕事で使っている」という場合、仕事で使っている割合の分、一部を経費とします(これを「按分(あんぶん)」と言います)。

例えばWi-Fi料金が月5000円だった場合、メールレディなどの仕事で使っている割合が五分の一だったら、経費は毎月1000円という風に計算して割り出します。

もちろんメールレディなどでWi-Fiを使っている時間がもっと長ければ、経費を増やしてもOKです。

按分(あんぶん)で経費にする割合は自分で決められますが、明らかにあり得ない割合に増やすのはやめましょう。

家賃(按分)

メールレディ・チャットレディ・テレフォンレディの仕事は自宅ですることも多いはず。

なので家を自宅兼事務所として、家賃の一部を経費にすることも可能です(^^)

もちろん家賃全額ではなく、上のWi-Fi料金と同じように按分しましょう。

光熱費(按分)

上の家賃と同じように自宅の光熱費も経費にできます。

自宅で仕事をしていれば照明や冷房、暖房などの光熱費がかかりますからね。

こちらも家賃などと同じように按分して一部を経費にします。

大人のオモチャなどのセクシー小物

アダルトジャンルでガンガン行くなら、大人のオモチャや見せる用のセクシー下着なども画像や動画で使いますよね。

これらは仕事で使うものですから、堂々と経費として記録しておきましょう。

パソコン・スマホの購入費用

スマホ一台で仕事ができるのがメールレディなどの大きなメリットですが、仕事を始めるためにパソコンやスマホを新しく買った、買い換えた、という場合は購入費用も経費にできます。

ただし、費用が10万円以上になると減価償却という面倒な計算の仕方になるので、高額なものを買った場合は注意しましょう。

(または一部をメールレディなどの仕事で使うことにして10万円以下に按分してもいいかも)

ガラケーや古いスマホでもメールレディなどの仕事はできますが、新しいモデルのスマホの方が使いやすいですから、仕事を始めるのと同時に買い換えてもいいですね(^^)

経費として認められる可能性があるもの

ここまではほぼ経費として認められるものを挙げてきました。

が、メールレディ・チャットレディ・テレフォンレディの仕事に関わるお金は他にも沢山あります。

ですがその全てが経費として認められるとは限らず、「これは仕事の経費ではない」と思われたら却下される可能性もあります。

ただ、経費として認められる可能性ももちろんありますから、メールレディなどの仕事に関わる出費は経費として記録しておくのがおすすめ。

多くのメルレ・チャトレ・テレレがスルーしてしまいがちですが、実は経費になる可能性があるものを挙げてみるので、参考にしてみてください(^^)

美容院代

私は美容院代は必要経費だと思いますし、経費にしっかり入れています。

だって、洋服や化粧品が経費になるなら、髪型をきれいに保つための美容院代も経費でしょう!と思いませんか?

仕事の画像や動画に顔や髪の毛を入れる場合は、美容院代は経費にしておきましょう。

(首から上を全く写さない人はダメだと思います…)

ソファ、インテリア小物など

画像や動画のバックに入る、部屋にあるソファやインテリア小物なども経費になる場合があります。

もともとあったものを経費にするのは良くないですが、メールレディなどの仕事のために買い換えたり、買い足したりしたなら経費にできる可能性が高いです。

ソファなどの高い家具は全て経費にするのは難しいので、一部だけを経費にするのもアリですね。

ですが、あくまでも「仕事に必要だから買った」と言えるものでないといけません。

エステや美容家電、ダイエット器具、ダイエット食品など

メールレディやチャットレディの仕事は画像や動画で顔・身体を見せる場合もありますから、美容のために買ったものなら経費にできることもあります。

見た目を整えることで収入が左右されるところもありますから、仕事のための美容用品・食品等は経費として認められる可能性も充分にあります。

経費の記録・管理はどうやってする?

ここまでで、経費になりそうなものはだいたい理解できたと思います。

ではこれらの経費をどう使って税金を安くするのかというと、

自分で税金を計算して申告する「確定申告」の時に、これらの経費のざっくりした内訳と合計の金額も同時に提出します。

そして収入から経費を引いて税金を割り出して、その額を後日支払う、という事になるんですね。

※確定申告について詳しく知りたい方はこちら

なので支払う税金の額が正しいということを証明できるように、経費はいつ何を買ったか分かるようにしておかなければいけません。

レシート・領収書は保管しておく

また、本当にそれを買ったということも証明できないといけません(買ってないものを買ったことにできたら脱税なので)。

ですから経費になるものを購入した場合、そのレシートや領収書を保管しておく必要があります。

経費のために領収書をわざわざもらう人がいますが、メールレディの仕事を個人でしている程度ならレシートで充分です。

細かいことが苦手なら、経費用のクリアファイルや箱を用意して、その中にレシートをガンガン入れていくだけでもとりあえず管理ができます(^^)

たまには帳簿をつけると確定申告が楽になる

自分で事業をしているメールレディ・チャットレディ・テレフォンレディの税金は、自分で計算して支払うシステムになっています。

だから、「こういう事に経費を使ったからこの税金額になりましたよ」と、きちんと税務署に説明できないといけない訳です。

なので、確定申告の書類を作成する時にためこんだレシートの金額を全て合計するだけ、というのは本来はよろしくないこと。

きちんと「いつ収入がありましたよ」「いつ何を買って経費になりましたよ」という、お金の出入りが分かるようになっているべきなんです。

その整理された情報をもとに税金を計算して提出するのが確定申告、という訳なんですね。

簡単な帳簿をつけよう

そして、その情報を整理するために、帳簿をつけるのがおすすめ。

(実際はおすすめする事じゃなくて、帳簿をつけることは義務なんですけどね)

帳簿と聞くと難しく感じますが、お小遣い帳レベルでOK。

メールレディ・チャットレディ・テレフォンレディの仕事の収入と経費をつけていけばいいんです。

ノートの帳簿を使ってもいいし、エクセルにつけてもいいし、最近は便利な帳簿アプリもあるので、自分がやりやすい方法で管理しましょう。

 

毎日つけてももちろんいいですが、毎月1回、3ヶ月に1回、などのようにたまにつけるのでも大丈夫。

一年間ずっとためこまないようにして、たまに帳簿づけをしておくだけで、確定申告の時にものすごく計算が楽になります(^^)

私は毎月末日にレシート類をチェックして、毎月の収入と経費を合計しています♪

勘定科目まで分けられたらさらに楽になる

お小遣い帳形式で帳簿づけをするだけでも充分ですが、さらに余力があるなら勘定科目まで分けて帳簿に記録できたら尚いいです!

勘定科目というのは、収入と経費をそれぞれの用途ごとにざっくりとしたジャンルで分けておくこと。

メールレディなどの仕事の場合、収入の内容は全て同じですから収入は気にしないでOK。

経費で買うものは色々な用途がありますから、帳簿につける時にそれらをざっくり勘定科目と呼ばれるジャンルに分けておきます。

確定申告の書類を作成するときには勘定科目で記入するので、帳簿づけの際に勘定科目で記録・管理しておくとより便利になるという訳。

勘定科目の分け方

勘定科目にはいろいろな種類がありますが、

  • Wi-Fi料金、スマホのパケット代 → 通信費
  • 洋服、メイク用品 → 消耗品費
  • 家賃 → 地代家賃
  • 電気代等 → 水道光熱費
  • その他 → 雑費

という具合で分けます。

メールレディなどの仕事で使う勘定科目はだいたいこのあたりですが、勘定科目の分け方に100%の決まりはないので、

自分で使いやすい分け方をしてもいいし、自分独自の勘定科目を設定してもOKです。

個人事業ならあまり細かく分ける必要はないので、やるとしてもざっくりで大丈夫です♪

もちろん「そんなの面倒くさい!」という方は、確定申告時にまとめて分けて記録しても問題ありません(^^)

手っ取り早く、効果的に節税するコツ【メルレ・チャトレ・テレレの税金】

ここまででメールレディ・チャットレディ・テレフォンレディの仕事で経費になるものや、経費の管理の仕方についてお伝えしてきました。

それでも、「これは経費にしていいのかな?」と悩む場合もあるでしょう。

 

経費にしていいかどうか悩む。

そういう時には、

とりあえず経費にしておく

ことをおすすめします。

 

ここまででさんざん書いてきた通り、経費が多ければ多いほど税金は少なくなります。

なので、経費は1円でも多いほうが節税につながるのです。

もちろん、メールレディなどの仕事に関係ない買い物を経費にするのはNG。

これは脱税行為で犯罪となります。

 

ですが、「これは経費にできるかな?」と悩む余地があるということは、そのものがメールレディ・チャットレディ・テレフォンレディの仕事に少しでも関わっているという事ですよね?

だったら経費になる可能性はある訳ですから、経費にしておいた方がお得です。

可能性があるものは経費にしておく

経費として提出したものが全て認められるかどうかは、正直わかりません。

経費になるかどうかを判断するのは、税務署の担当者。

担当者はメールレディなどの仕事がどんなものかなんて理解できていないはず。

ですからその買い物がメールレディの経費になるかどうかなんて、100%正しく判断できるはずがないのです。

それでも決めるのは税務署の担当者ですから、提出してみないことには経費になるかどうかわからないのです。

 

逆に考えれば、「これはメールレディの仕事に必要だ!」と主張できるなら(その証拠があればなおさら)、経費として認められる可能性が高いという事。

自分で「これは仕事に必要!」と思うなら、堂々と経費に記録しておきましょう。

経費にしておけば認められる可能性はある

「メールレディ・チャットレディ・テレフォンレディの仕事に関わるものなら何でもつける!」ぐらいの勢いでいた方が、断然節税効果は高くなります。

「なんでもかんでも経費にしちゃって怒られないの?」と心配になるかもしれませんが、経費にしなければそれが認められる可能性はゼロ。

そしてその分税金が高くなります。

 

迷うものを全部経費にして提出したとして、認められないものが3割あったとしても、払う税金の額が3割分高くなるだけ。

計算ミスをしただけのことで、脱税とかの悪事にはなりません。

しかも残りの7割は経費として認めらているんですから、怖がって何も経費にしなかった時よりははるかに税金が安くなるんです!

「経費として認められないかも」と最初から申請しなかった場合は、その分の税金が安くなることは絶対にありません。

 

なので、少しでも税金を安くする可能性を上げるために、迷ったものは全て経費にしておくんです。

じゃないと、せっかく経費にできる可能性があるのに、もったいないです!(`・ω・´)

だから却下されるかもしれない前提で、迷うものは全部経費にしておくのが、簡単で効果的に節税するためのコツなんです( ´艸`)

正当な経費であると認めさせる証拠を作ろう

メールレディ・チャットレディ・テレフォンレディの仕事をちゃんと理解できていない税務署の担当者に、「これは経費ですよ!」と主張して認めてもらうためには、

仕事で使っているという証拠を提出するのが効果的。

スマホのパケット通信料やWi-Fi料金などは理解してもらいやすいですが、下着や洋服、化粧品、大人のオモチャなどが仕事に必要だという事は、彼らにとっては想像しづらいかもしれません。

なのでそういったものは特に、「実際に仕事で使ってますよ」という事を彼らにも分かるようにすれば、経費だと認めてもらいやすくなります。

 

具体的には、その洋服、化粧品等を使って仕事をしているところの画像のスクリーンショットを撮っておくんです。

これは単に写真を撮っておくのではなく、「仕事で使ってますよ」というところをアピールするために、

その洋服を着た画像をサイトにアップしたところのサイトのスクリーンショットを撮るのがポイント。

下着や大人のオモチャを使っている画像は見せづらいので無理しないでいいと思いますが、「税金が安くなるなら全然平気!」という勇者は是非利用してください。

アイコ
アイコ
見せられる証拠を用意しておこう!

 

「これを仕事で使っているところの画像もありますけど、見ますか?」と一言断ったうえで、画像を見せてみるといいですね(ひかれて断られそうだけど^^;)。

かなり稼いでいないと「これは経費じゃないですよ!」とつっぱねられる事はまずないでしょうが、いつそう言われてもいいように、信じてもらえなさそうなものはスクリーンショットを用意しておくのがおすすめです(^^)

→もっと稼げる!メールレディ最新おすすめランキングはこちら♪

→チャットレディのおすすめ大手ランキングはこちら♪

→テレフォンレディのおすすめ大手ランキングはこちら

→テレフォンレディの最新おすすめランキングはこちら

※参考になる税金関連記事
メルレの税金はどう払う?確定申告すべき?
メルレは確定申告でばれる?
メルレの確定申告方法を解説!
メルレが確定申告しないと脱税になるの?
→メールレディの大手ランキングはこちら