メールレディのアタックメールの書き方8つのコツ!返事をもらえる基本テクニックをマスターしよう!

アイコ

アイコ
こんにちは。メールレディで毎月8万円以上稼いでいるアイコです。

前回の記事ではメールレディのアタックメール(アタメ)と呼ばれる営業メールの基礎から、返信率を上げる送り方のコツなどを解説しました。

それに続いて、今回はアタックメールの書き方の基本のコツを解説していきます!

返事をもらいやすくなる書き方の基本をおさえて、ガンガン稼いじゃいましょう( ´艸`)

今のメールレディサイトで満足していますか?

今仕事をしているメールレディサイトに、あなたは本当に満足していますか?

「思っていたほど稼げない…」
「なかなか男性から返事が来ない」
「メールの報酬が少ない」

など、不満に思っている点があるなら、別のメールレディサイトを試してみるのもおすすめです。

メールレディで稼ぎたいなら、コツコツと継続してやっていくことが非常に重要です。

そのためには自分に合った稼ぎやすいサイトを選ばないといけません。

メールレディ求人サイトはいくつもありますから、別のところを試したらより自分に合うところが見つかるかもしれません。

当サイトでおすすめしているのは安全で稼ぎやすい!と評判のところばかりですから、サイト選びの参考にしてください。

登録・利用はすべてのサイトで無料ですから、良さそうなところにはすべて登録して試してみましょう(^^)

相性の良いサイトが見つかれば、メールするだけで月5万円の収入になるかもしれませんよ♪

→もっと稼げる!メールレディのおすすめ大手ランキング!

返信率が高くなる!アタックメール(アタメ)の書き方の8つのコツ

では早速、返信率が高くなるアタックメール(アタメ)の書き方のコツをご紹介していきたいとおもいます!

最低限おさえておきたい書き方のコツは8つあるので、それぞれ解説していきますね。

書き方①:メールの分量は長すぎず短すぎず

メールは長すぎても短すぎてもダメ。

「よかったらメールください」なんて短いのは論外だし、ぱっと見て文字数が多すぎて読むのが面倒になりそうな長いメールもNG。

長すぎず、短すぎない読みやすい分量をこころがけましょう。

書き方②:普通の文章をきちんと書く

世の中のほとんどの男性はギャルはあまり得意ではないはず。

特に小さい“ゎ”などを多用するギャル語は男性ウケが悪いので使わないようにしましょう。

文章は普通に友達や知り合いなどにメールをする時のように書けばOK。

「、(てん)」や「。(まる)」などの句読点も適宜使うと読みやすくなり、信頼できるきちんとした人という印象を与えられます。

書き方③:常に敬語を使う必要はないが、くだけすぎた文章はNG

仲良くなりたい相手でもいきなり100%タメ口はNG。

礼儀を知らない女性だと思われてしまいます。

アタックメールはまだ仲良くなっていない人に送る方が多いですから、

基本は「ですます調」の丁寧語にして、たまに「~かな」などカジュアルな語尾にするぐらいがいいでしょう。

書き方④:顔文字や記号を適度に入れて親しみやすさを出す

語尾を全て丁寧語にしたり「。(まる)」で終わらせると堅い印象になってしまいがち。

そこで♪や☆などの記号や顔文字を文末に入れることで柔らかく、かわいらしく、親しみやすい雰囲気を出すことができます。

多くのメールレディが使っているので是非取り入れてください(^^)

書き方⑤:相手の名前(ハンドルネーム)を入れる

アタメの中に相手の名前(ハンドルネーム)を入れるのは基本中の基本ですが、とっても重要です!(`・ω・´)

コピペして大量送信している文章だとしても、名前が入っていることで「自分にだけ送ってくれたのかな?」とちょびっと思わせる効果があります(笑)。

それに名前が入っていないメールが多い中、自分の名前が入っているメールがあればそれだけで少し嬉しくなるもの。

なので男性会員の名前(ハンドルネーム)を入れるのは必須です!

サイトによっては一斉送信で男性の名前を自動で挿入できる機能があるところもあるので、そういうサイトなら名前を手入力しないで済むのでおすすめです( ´艸`)

名前の自動挿入ができないサイトなら手入力で入れていきましょう。

書き方⑥:冒頭の20文字以内にインパクトの強い文章を入れる

これはアタックメールで最も重要なポイントと言っても過言ではありません。

アタメが男性会員に届いた時、メールボックスのメール一覧で表示されるのはだいたいメールの冒頭20文字ぐらいまで。

ですから普通に

  • 「はじめましてヽ(*^^*)ノプロフィールを見ました^^」
  • 「こんにちは♪お元気ですか?色々お話したいなと思って…」
  • 「プロフィールを見て素敵だと思ってメールしました」

なんて書き出したら他のメールと同じに見えて埋もれてしまいます。

 

なので冒頭20文字をいかにインパクトを強く、でも下品でなく、かつ興味をひく内容にできるかどうかが大事です。

この部分を見て興味をもってもらえてはじめて、男性はメールを開いて全文を読んでくれるんです!

ですから、アタックメールでは冒頭20文字が勝負!と覚えておきましょう(`・ω・´)

書き方⑦:どうなりたいのか、どうして欲しいのかを具体的に書く

意外とやってしまいがちなのが、内容が曖昧なアタックメール。

冒頭の20文字で強いインパクトを出してメールを見てもらえても、男性が「返信したい」と思えなければ意味がありません。

何がしたいか分からない、どうすればいいのか分からない、などの曖昧なメールはもらってもどう返していいか分からないので放置されてしまいがち。

「興味を持ったって書いてあるけど、どこに興味があるのかな?」

「話したいって言ってるけど、どんな話をすればいいのかな?」

「仲良くなりたいって書いてあるけど、自分がメールしないといけないのかな?」

メールの中身が具体的に書かれていないと男性はこんな風に戸惑ってしまい、自分で考えるのが面倒になって返信率は低くなってしまいます。

 

返信率を上げるためにはアタックメールの本文中に

  • どうしてメールをしたのか
  • 男性とどうなりたいか
  • 男性にどうして欲しいのか

などを具体的に入れるのがコツ。

男性会員が自分で色々と考えなくてもすぐに返信できるようにお膳立てしてあげるのが返信率を高めるコツ。

あと、質問を投げかける時も答えをシンプルにするためにイエス・ノーだけで答えられる、又は短い文章で答えられるような質問にすると尚いいですね(^^)

書き方⑧:最後に質問を入れる

これはできればでいいのですが、アタメの最後に質問を入れることで返信率が高くなります。

できれば相手のプロフィールを見て、相手に合わせた質問をするのがベスト。

(例:サーフィンが好きなんですね^^ どこの海に良く行くんですか?)

一つ一つ文章を変えていられない!というなら自分の事を質問で投げかけるのもアリです。

(例:私、男性の○○フェチなんです( ´艸`) どこだと思います?)

質問を入れることで返信したくなる気持ちを盛り上げることができます♪

おまけ: 画像や動画を添付する

これは以前にやりとりした男性へのアタメに限るのですが、メールに画像や動画を添付して送ると閲覧されただけで報酬が発生して効率よく稼げます。

もちろんアダルト動画を添付して送ると閲覧される率は高まるし、自己紹介的な普通の動画を送ることで身近に感じてもらえてメールの返信率が高くなるというメリットもあります(^^)

※やりとりしたことのない男性へのアタメに画像・動画を添付するのはマナー違反なのでやめましょう

これらのアタックメールの書き方の基本をおさえて、たくさんメールの返事をもらっちゃいましょう( ´艸`)♪

→もっと稼げる!メールレディ最新おすすめランキングはこちら♪

※おすすめ関連記事はこちら↓
アタメとは何?基本&コツを伝授!
アタメの書き方8つのコツ!
アタメ用コピペテンプレート21選!
→メールレディの大手ランキングはこちら
→メールレディはメールのみで稼げるの?