メールレディをしたら住民税はどうなる?扶養内でいる&バレない方法を解説。【メルレ・チャトレ・テレレの税金】

アイコ

アイコ
こんにちは。メールレディで毎月8万円以上稼いでいるアイコです。

メールレディ・チャットレディ・テレフォンレディの税金で多くの人が注目するのが所得税

確定申告も所得税を決めるものですし、所得税が計算できてそれを払ったら終わり、と思っている人も多いと思います。

ですがメールレディなどの税金を管理する上で、所得税と同じくらい大事なのが住民税。

メールレディなどをしていることが親バレ・家族バレ・会社バレしたくない人、扶養に入ったままでいたい人にとっては、住民税についても知っておく必要があります。

という訳で今回は、メールレディ・チャットレディ・テレフォンレディの仕事をしたら住民税がどうなるのか、そして住民税からバレないための方法、住民税の扶養から外れない方法などを解説していきたいと思います!

メールレディで稼ぐにはサイト選びが重要!

メールレディで稼ぎたいなら、自分に合った稼ぎやすいサイトでやる事が何よりも大事です。

稼げるサイトかどうかを見極めるためには、いろんなサイトを試してみるのが一番!

当サイトでおすすめしているのは全て「安全で稼ぎやすい!と評判のところばかり。

登録・利用はすべて無料で気軽に試せますから、片っ端から登録して使ってみましょう♪

今すぐ始めれば、空き時間にメールするだけで来月には5万円の収入になるかもしれませんよ♪

→もっと稼げる!メールレディのおすすめ大手ランキング!

周囲にバレないようにしたいなら住民税も注意すべき!【メルレ・チャトレ・テレレの税金】

周囲にバレないようにしたいなら住民税も注意すべき!【メルレ・チャトレ・テレレの税金】ここまでのいくつかの記事を読んだ方は、所得税は確定申告や源泉徴収(給与所得がある人)などの仕組みを使って、徴収されている事はなんとなく理解できたと思います。

※確定申告とは何?という方はこちら

そんな所得税と同じように、収入がある人の多くに支払い義務があるのが住民税。

住民税も多くの人が支払っているものですが、所得税よりは仕組みが知られていないため、「いつの間にか決まっていつの間にか支払わされている」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

ですからメールレディ・チャットレディ・テレフォンレディの中にも「所得税は気にしているけど、住民税はほったらかし」という人もいるはず。

 

ですが、

「夫バレ・親バレを防ぐために扶養から抜けないようにしたい」

「会社に副業をしていることがバレないようにしたい」

そう思っている人は所得税だけではなく、住民税にも注意しないといけません。

という訳で、今回はメールレディなどの税金問題を知る上で重要な、住民税について解説していこうと思います!

まずは住民税の仕組みをわかりやすく、ざっくり説明していきますね(^^)

住民税の計算から支払いまでの仕組みと流れ

周囲にバレないようにしたいなら住民税も注意すべき!【メルレ・チャトレ・テレレの税金】2そもそも住民税と所得税はごっちゃにされがちですが、全く違う内容の税金です。

意外と知らない人が多いですが、

  • 所得税 → 国税 (管轄は税務署)
  • 住民税 → 地方税 (管轄は都道府県・市区町村)

という風に、管轄も支払う先も大きく違うんです。

住民税について調べようとする時には、「この2つは全く違う税金」という大前提を知らないと混乱してしまうため、これだけは頭に入れておいてくださいね(^^)

この大前提を踏まえたうえで、まず住民税がどう決まって納付されるかの仕組みと流れを知っておきましょう。

 

多くの人の場合、

  1. 確定申告等で税務署がその人の所得金額を把握する
  2. 税務署がその人が住んでいる市区町村(都道府県)に所得金額を伝える
  3. 市区町村は所得金額をもとに住民税の額を計算する
  4. 市区町村はその人が働いている会社に住民税の額を通知する
  5. 会社の給料から住民税が引かれて納付される

という流れになっています。

ですが、これは普通にお勤めしていて給与所得がある人の場合(アルバイトやパートの多くもこのやり方)。

お勤めしている場合、勤務先がくれるお給料から住民税が引かれています。

だから住民税を払っているという実感がなく、住民税について知らないという人が多いんですね。

 

メールレディなどの住民税納付までの流れ

ですがお勤めをしていない人、つまり自分で商売をしている人は勤め先経由では税金を納められません。

このように自分で事業をしている場合は、個人で住民税を納付しなければいけません。

メールレディ・チャットレディ・テレフォンレディの場合もほとんどが自分で事業をしていることになるので、このパターンに当てはまります。

なのでメールレディなどの仕事だけしかしていない人は、

  1. 確定申告等で税務署がその人の所得金額を把握する
  2. 税務署がその人が住んでいる市区町村(都道府県)に所得金額を伝える
  3. 市区町村は所得金額をもとに住民税の額を計算する
  4. 市区町村が直接個人に住民税の額を通知する
  5. 個人で住民税を支払う

という風に、後半の流れと仕組みが少し変わります。

 

税金と聞くと全てが確定申告で決まって、税務署から請求されるものだと思ってしまいがちですが、住民税は所得税とは違う仕組みで決定から納付まで行なわれています。

メールレディなどの仕事をしていることが周囲に知られても平気なら、住民税の仕組みを知らなくても問題ありません。

ですが周囲にバレたくないのであれば、住民税が決定して請求されるまでの流れを知っておいて、バレないようにできる限りの対策をとる必要があります。

住民税の計算方法と住民税が発生するボーダーライン

周囲にバレないようにしたいなら住民税も注意すべき!【メルレ・チャトレ・テレレの税金】3では次に、住民税がどうやって計算されるかについて見ていきましょう。

と言っても、住民税は住んでいる都道府県、市区町村の各自治体、そしてその人の状況によって計算の仕方が変わってきます。

このサイトは税金専門サイトではないので(汗)、細かい計算方法は省略させて頂きます。

住民税の計算方法

その上で、基本的な住民税の計算の仕方をざっくり説明すると、

住民税の計算には「所得割」と「均等割」という考え方が採用されています。

所得割は、その人の収入(所得)に応じて税金の額が決まり、均等割はすべての人が同じ金額を負担すること。

この所得割と均等割を両方使って住民税を計算します。

おおまかな計算方法は、

  1. 収入から経費、控除などを引いて課税所得を割り出す(これが確定申告などでわかる)
  2. 課税所得をもとに所得割をかけて計算する
  3. ↑に均等割の金額を足す

という感じになっています。

 

住民税が発生しないボーダーライン

ただし、年間の所得金額によって住民税が非課税になる、つまり税金が発生しないボーダーラインがあります。

このボーダーライン(限度額)は自治体によって異なりますが、

所得が35万円以下であれば住民税が発生しないというところが多いようです。

ですが、このボーダーラインは33万円以下のところもあれば、28万円以下のところもあるため、自分の住んでいる地域の住民税についてちゃんと知りたい場合は自治体に確認をしないといけません。

住民税から夫バレ・親バレを防ぐ方法

周囲にバレないようにしたいなら住民税も注意すべき!【メルレ・チャトレ・テレレの税金】4周囲の人にメールレディ・チャットレディ・テレフォンレディの仕事をしている事がバレないようにしたい!というメルレは多いですが、

バレないようにしたいなら気をつけるべきは住民税。

住民税は自分の知らないところでいつのまにか計算されて、いつのまにか徴収されるようになっているため、いつの間にか住民税のせいで周囲にバレてた!なんてことになりかねません。

 

夫バレ・家族バレ・親バレを防ぎたい人の場合、一番いいのは「友達の仕事を手伝っている」などの別の言い訳をして働いていること自体を伝えてしまうこと。

そうすれば税金がかかったり、税金関連の書類が届いても不自然ではありません。

働いていることがバレないようにする方法

ですが、そもそも働いていることがバレないようにしたいという人もいるでしょう。

そういう人は働く前と働いた後で状況が変わってしまうと、夫や親に気づかれてしまう可能性がありますから、夫や親にかかる税金も同じにしておく必要があります。

働いてなかった頃は自分にかかっていた税金は、夫や親がかわりに負担してくれていました。

(このように、かわりに税金等を負担してもらうことを「扶養」と言います。)

ですが働いてある程度の収入を得たら自分で払えるようになりますから、税金の請求は自分に来るようになり、夫や親が払っている税金の金額が少し変わります。

それに夫や親が気づいてしまうと「コイツ、自分で働いているのか?」とバレてしまう可能性が高くなる訳です。

 

ですから、働いていること自体バレたくない人は、夫や親が支払う税金の金額を変えないようにするのがポイント。

そのためには、自分で支払う分の住民税が発生しない程度に稼ぐ、という事になります。

つまり、夫または親の扶養に入ったままでいるという事ですね。

 

住民税が発生しない程度に稼ぐ

上の項目で「住民税が発生しないボーダーラインがある」という事をざっと解説しましたが、

扶養のままでいるためには、この限度額を超えないように稼げばいいのです。

上でも書いたようにボーダーライン(限度額)は住んでいる地域によって違うため、知りたい方は市区町村・都道府県の住民税担当に「住民税が発生しない所得金額はいくらか」と問い合わせてみましょう。

一年間で稼ぐ金額を、その所得金額内におさめれば住民税の扶養に入ったままでいられます。

扶養内でいれば夫や親の税金は変わらないはずですから、バレることはほぼないはず。

(※一年間の収入が130万円以上になると国民健康保険料を自分で払うことになるためバレやすくなるので注意)

ですが、それでも絶対に100%バレない方法は存在しないため、せめて働いていることぐらいは夫・親に言っておけるようにするといいですね。

※親バレ・夫バレを防ぐための他の方法はこちら

住民税で副業が会社にバレない方法

周囲にバレないようにしたいなら住民税も注意すべき!【メルレ・チャトレ・テレレの税金】5最後に、会社に副業をしていることをバレないようにしたい、という人のための対策をご紹介します。

これは以前書いた会社バレを防ぐための記事でも取り上げましたが、

住民税の納付方法を変えるのがおすすめです。

上で書きましたが、お勤めをしている人の場合、何もしなければ住民税は自動的に会社のお給料から引かれる仕組みになっています。

住民税は所得全てに対してかかりますから、メールレディの副業をしている人は、同じお給料で働いている他の人よりも住民税が高くなり、それで会社の経理担当者に副業をしていることがバレてしまう可能性があるのです。

 

住民税を自分で払うようにする

ですから住民税の支払いをお給料からの天引きではなく、自分で支払うようにすれば会社にバレにくくなります。

これは確定申告の際に自分で住民税を納付すること申告すればOK。

やり方と注意点は↓こちら↓の記事に書いてあるので、参考にしてください(^^)↓↓

メールレディの仕事は確定申告でばれる?親バレ防止&副業がバレない3つの方法

ただしこれをやったからと言って、100%絶対に会社にバレないとは言い切れません。

多くのメールレディがバレずに副業をしていますが、やるなら自己責任で実践してくださいね。

→もっと稼げる!メールレディ最新おすすめランキングはこちら♪

→チャットレディのおすすめ大手ランキングはこちら♪

→テレフォンレディのおすすめ大手ランキングはこちら

→テレフォンレディの最新おすすめランキングはこちら

※参考になる関連記事
メールレディと扶養。主婦・大学生はどう働けば節税できる?
メルレは確定申告でばれる?
メールレディはマイナンバー不要!
→メールレディの大手ランキングはこちら