メールレディはマイナンバー不要!身分証に使う&確定申告でバレるリスクについても解説!【チャットレディ・テレフォンレディ】

アイコ

アイコ
こんにちは。メールレディで毎月8万円以上稼いでいるアイコです。

2016年にスタートしたマイナンバー制度。

日本国民全員にマイナンバーを与えることによって、税金や保険、年金の管理をわかりやすく、楽にする目的で始まりました。

ですが、実際はそこまでマイナンバーは浸透しておらず、むしろ「マイナンバーのせいで副業などがしづらくなった」などの意見も聞かれます。

そんなマイナンバーは、メールレディ・チャットレディ・テレフォンレディの仕事にも関係するのでしょうか。

今回は、メールレディなどの仕事に関わるマイナンバーについて、気になる3つの点について解説していこうと思います!

メールレディで稼ぐにはサイト選びが重要!

メールレディで稼ぎたいなら、自分に合った稼ぎやすいサイトでやる事が何よりも大事です。

稼げるサイトかどうかを見極めるためには、いろんなサイトを試してみるのが一番!

当サイトでおすすめしているのは全て「安全で稼ぎやすい!と評判のところばかり。

登録・利用はすべて無料で気軽に試せますから、片っ端から登録して使ってみましょう♪

今すぐ始めれば、空き時間にメールするだけで来月には5万円の収入になるかもしれませんよ♪

→もっと稼げる!メールレディのおすすめ大手ランキング!

メールレディの仕事の登録にマイナンバーの提示は必要?

メールレディの仕事の登録にマイナンバーの提示は必要?多くの女性がメールレディ・チャットレディ・テレフォンレディとして働こうとする時、この点が気になるようですね。

求人サイトや事務所に登録する時、マイナンバーの提示が必要かどうか、という点です。

メールレディなどの仕事をしている事を周囲に知られたくない女性は多いですから、マイナンバーを仕事先に知らせることでバレてしまうのではないか、という不安があるんですよね。

 

結論から書くと、

メールレディ・チャットレディ・テレフォンレディとして登録する際、基本的にはマイナンバーは必要ない

んです!

メールレディ・チャットレディ・テレフォンレディにはマイナンバーは不要

ほとんどのお仕事先サイトや事務所では雇用契約を結ばずに、「業務請負契約」という形態で働いて報酬をもらいます。

(雇われるのではなく、個人事業主としてサイトに出演する)

なので、税金を管理されることもないため、マイナンバーを提示する必要もないのです。

(この形態の場合、仕事先がマイナンバーを聞くことはむしろ禁止されている)

 

ただし、事務所と雇用契約を結んで給与をもらう形態だとマイナンバーの提示が必要になりますが、そういうところはかなり少ないです。

一部の事務所では登録する際にマイナンバーを聞いてくるかもしれません。

そこにマイナンバーを提出していいかどうか不安が残るような事務所ならそこはやめて、別の事務所やサイトに登録する方が無難です。

登録時にマイナンバーカードを身分証明書にして本人確認できる?

登録時にマイナンバーカードを身分証明書にして本人確認できる?ここまでを読んで、メールレディ・チャットレディ・テレフォンレディとして登録をする際、基本的にはマイナンバーの提示は不要だということが分かったと思います。

ですが逆に、登録時に本人確認をするための身分証明書として、マイナンバーカードの画像を提出することは可能です。

チャットレディサイトやメールレディサイトの中には、登録時にマイナンバーカードを身分証明書として提出することで本人確認できるところもあるんです。

パスポートや運転免許証などの身分証明書を持っていない場合、マイナンバーカードの画像を提出して登録できるという事ですね。

マイナンバーカードは他の身分証明書と違って、簡単に無料で作れるので他の証明書を持っていない人にはおすすめです。

ただし、紙でできたマイナンバー通知カードではなく、希望者だけに発行される顔写真付きのプラスチック製のマイナンバーカードでないと身分証明書として使えないので注意しましょう(`・ω・´)

 

マイナンバーカードの画像を提出する際は、カードに記載されているマイナンバーを見せる必要はありません。

マイナンバーカードをチェックする目的は本人確認のためなので、顔写真や住所・名前が見れる表面だけを撮影して送ればOKです。

なので、「マイナンバーを知らせたら働いていることがバレるのでは?」と心配な方も安心です(^^)

(実際はマイナンバーが理由ではバレる事はないです。詳細は記事の後半を読んでください)

 

マイナンバーカードで本人確認できるサイト

ただし、マイナンバーでの本人確認は全てのサイトや事務所でできる訳ではありません。

メールレディ・テレフォンレディサイトの中でおすすめできるのは、今のところVI-VO(ビーボ)のみ。

ライブチャットでおすすめできるサイトの中では、

あたりもマイナンバーカードを身分証明書に使って登録できます(^^)

マイナンバーのせいでメールレディの仕事がバレる?

マイナンバーのせいでメールレディの仕事がバレる?マイナンバーを気にするメールレディ・チャットレディ・テレフォンレディが一番心配するのが、

「マイナンバーのせいでメールレディの仕事をしていることがバレるのではないか」

という事。

マイナンバーは国民に番号を与えて税金や年金、保険などバラバラだったものを紐づけて楽に管理・利用するために始まった制度。

そのため、マイナンバーがあることで逆に働いていることがバレやすくなるのでは?と心配する人がすごく多くなってしまったんですよね^^;

 

この件に関しても先に結論から書きますが、

マイナンバーのせいで、家族や会社にメールレディをしている事がバレる事はありません。

最初に書いた通り、ほとんどの仕事先にはマイナンバーを提出しませんから、お仕事先サイトや事務所はマイナンバーを知ることはありません。

なので、仕事先からマイナンバーが漏れたり、マイナンバーを照会してメールレディの仕事がバレることはあり得ないんです。

確定申告の際にマイナンバーでバレる?

「マイナンバーのせいで周囲にバレるのでは?」と考える人が、もう一つ心配するポイントが確定申告。

確定申告時にマイナンバーを添えて提出したら、そのマイナンバーで確定申告したことが他の場所に漏れて、働いていることがバレてしまうのではないか、と恐れている訳ですね。

※確定申告とは何?という方はこちら

 

ですが、確定申告時のマイナンバーのせいで働いていることが夫や家族にバレたり、副業が会社にバレるという事もありません。

なぜそう言えるかというと、マイナンバーは副業や仕事をしているかどうかを調べるためのものではないからです。

マイナンバーは、国民それぞれの税金・健康保険・年金などの情報を分かりやすくするために使われています。

国民それぞれが税金・保険・年金などを利用しやすくするため、そして国の仕組みの通りに正しく利用されているかをチェックするために存在しています。

なので、確定申告で聞いたマイナンバーを使って、副業や仕事をしていることを会社や家族にバラすなんてことをするはずがありません。

バラしたところで何のメリットもありませんからね。

バレたくないなら確定申告すべき

ただし、税金がきちんと納められていない場合には、国はちゃんと納付してもらえるように調査にのりだします。

そういう場合には、スムーズに調査が進むようにマイナンバーを使う可能性も考えられます。

たまに、「マイナンバーや稼いだ額が知られると仕事をしていることがバレるから確定申告しない」と言う人がいます。

収入があるのに確定申告をしなければそれは不正ですから、税務署はきっちり調査して税金をとろうとします。

そうなると会社や自宅に連絡が来て、働いていることはすぐに周囲にバレてしまいます。

多くの人が誤解していますが、働いていることを隠そうとして確定申告をしないのは逆効果なのです。

 

収入をきちんと申告して払うべき税金を払っていれば、自宅や夫・家族の会社に連絡が来ることはまずありません。

国や自治体は税金をちゃんと払えば文句はないので、わざわざバラすような面倒なことはしません。

ですから、働いていることが夫バレ・家庭バレ・会社バレしたくないのなら、むしろ確定申告をきちんとするべきなんです!(`・ω・´)

※夫バレ・家族バレを防ぐ方法はこちら

住民税の納付方法に注意

さらに言うと、会社に副業がバレる原因として一番多いのが住民税の納付方法。

住民税の支払いがまとめて会社経由になっていると、税金の金額が不自然に多くなって会社に副業がバレてしまう可能性があります。

住民税の支払い方法を変更して自分で納付すればバレにくくなるので、副業がバレないようにしたいなら確定申告の際に変更しておきましょう。

※会社バレを防ぐ&住民税の支払い方法の変更のやり方はこちら

 

ここまでを読んで理解できたと思いますが、マイナンバーが原因で夫・家族・会社にメールレディなどをしている事がバレることはまずありません。

確定申告でマイナンバーを書いても書かなくても、不正をしていたら調査が入ってバレるんです。

なので、「マイナンバーがあるからバレやすくなる」という事は一切ありません!

確定申告時にマイナンバーは必須ではない

「それでも心配…」という方もいると思うので、さらに付け加えると、

現時点では確定申告時にマイナンバーを提示しなくても問題はありません。

そして提示が必要になる予定も今のところありません。

なので夫バレ・親バレ等のリスクをできるだけ下げたいと思うなら、マイナンバーを記入せずに確定申告をしてもOKです。

 

確定申告時に必要だと言われていますが、なくても提出できるし普通に受理してもらえます。

書類を手渡しする際に記入するよう言われますが、「ありません」「提示したくないです」と言えばそのまま受け取ってもらえるはず。

どうしても心配、というならマイナンバーを提示せずに確定申告しちゃいましょう。

→もっと稼げる!メールレディ最新おすすめランキングはこちら♪

→チャットレディのおすすめ大手ランキングはこちら♪

→テレフォンレディのおすすめ大手ランキングはこちら

→テレフォンレディの最新おすすめランキングはこちら

※参考になる関連記事
メルレの税金はどう払う?確定申告すべき?
メルレは確定申告でばれる?
メルレで住民税はどうなる?扶養内&バレない方法は?
メルレが確定申告しないと脱税になるの?
→メールレディの大手ランキングはこちら